読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

VOICE

『好き』をとことん発信するブログ

低用量ピル、飲んでいます。

飲み始めて、かれこれ3年ほどになります。

目的は生理不順の改善と、PMS(月経前症候群)の緩和です。


PMSはしんどい

20歳を越えた頃から、PMSと思しき症状がでてきました。


まさしくこんな感じです。

  • 意味もなくイライラする
  • とにかくだるい、動きたくない
  • 些細なことも流せない、突っかかる

このCMは上手にPMSの症状をあらわしていると思います。


PMS悪化→婦人科受診へ

23歳になった頃、PMSがどんどん悪化していることに気がつきました。

仕事中にイライラして支障をきたすようになり、プライベートではヒステリーを起こし、ギャン泣きをするようになってしまったのです。

これはまずいと婦人科を受診すると、「低用量ピル」を勧められました。


避妊薬でもあるが、婦人科の不調にも効果アリ



いただいたのは「トリキュラー」というお薬で、右の28錠入れのシートです。
生理開始日から飲みはじめました。

わたしの通っている病院は1枚2,100円。
健康保険は治療目的ではないので適用になりません。
取扱医療機関で、各々値段を設定している様です。


効果としては

  • 避妊
  • PMS・生理痛の緩和
  • 生理周期の安定
  • 出血量の減少
  • 子宮内膜症・卵巣がん・子宮体がんのリスク減少

ほかにもニキビ・多毛症の緩和等、さまざまな効果があるようです。


飲んでみて、変わったこと

生理が安定し、量も減りました。

きっちり28日周期でくるので、旅行の計画も立てやすくなりました。

生理周期が安定しなくて辛い思いをした分、とても嬉しかったです。

一番嬉しかったのは、PMSが綺麗さっぱり無くなった事です。

あの辛く苦しかった症状が、まったく出なくなったのです。

PMSに苦しんでいる方にとって、もしかしたら救世主となり得るかもしれません。


注意点と副作用

ピルは、女性であれば誰でも飲めるわけではありません。
まずは専門医で相談する事が大事です!

一応ピルは個人輸入を許されていますが、専門医の受診なしに輸入するのは大変危険です。


副作用については、飲み始めの吐き気が有名だと思います。

幸いわたしは出なかったので個人差がある様ですが、辛い様でしたら服用を中止し、すぐに病院に連絡しましょう。


ピルで一番気をつけて欲しい副作用は、血栓症です。

こちらはピルを服用し、血栓症になった方の体験談です。

服用した全員が血栓症になる訳ではないのですが、血栓症のリスクが高まる事を、くれぐれもお忘れなき様お願いします。

血栓症を予防するには、規則正しい生活を送り、適度な運動と水分補給が効果的との事です。

上手くお付き合いすれば、いいお薬

ピルには怖い副作用もありますが、わたしはピルと出会って良かったと思います。

婦人科でお悩みの女性は、選択肢の一つに入れてみてはいかがでしょうか?